東レ合繊クラスター

HOMEお問い合わせ

長繊維テキスタイルの開発 -多色展開が可能なアラミド繊維-

多色展開可能なアラミド繊維 ケブラー®長繊維テキスタイル

技術特長

特長

従来、極めて困難とされてきたバラ系アラミド繊維の染色を可能にし、ケブラー®長繊維テキスタイル を多色展開できるようにした技術

技術概要

  1. 繊維に物理化学的な影響を与え、結晶性の高いケブラー®長繊維に対して結晶性の低い部分の結合を緩め、より染料を入りやすくするサンエス(株)独自の特殊糸加工技術
  2. アラミド繊維を長年取り扱い、産業衣料の分野に高いシェアを持つ創和テキスタイル(株)の高度な製織技術
  3. 小松精錬(株)が開発した、当該加工糸に特化した特殊な加工技術
  4. 上記の要素技術について、それぞれの加工条件を最適なバランスで組み合わせることに成功した。
パラ系アラミドフィラメントの染色イメージ図

更に詳しく

素材物性・性能比較

消防手袋を用いた比較データをご覧頂けます。以下のボタンをクリックしてください。

物性比較データを見る
性能比較データを見る

用途

これまで色の問題でアラミド長繊維の使用に制限のあった用途に対し、ケブラー®長繊維の多色展開 が可能

<用途例>
消防手袋、スポーツ・アウトドア用途、クリーンルームでの耐熱・防護用の防塵衣その他多数の用途

COPYRIGHT 2009 TORAY SYNTHETIC TEXTILE CLUSTER ALL RIGHTS RESERVED.